超省エネ型の「直管形LED蛍光灯」を価格1,000円台で発売

2017年04月21日
株式会社エスコ
代表取締役 田中敏之
〒407-0024
山梨県韮崎市本町1-4-23
TEL 0551-23-6451
FAX 0551-23-6452

 

超省エネ型の「直管形LED蛍光灯」を価格1,000円台で発売

 

 LED照明製品の販売の株式会社エスコ(所在地:山梨県韮崎市、代表取締役:田中敏之、以下エスコ)は、2017年5月より、超省エネ型の「直管形LED蛍光灯」を店頭価格1,000円台にて発売いたします。

本製品は、一般的なLED蛍光灯の消費電力16〜20Wを更に大幅な省エネを実現しつつ照度は従来比を同じ明るさを保つ設計で、1本1,000円台の実質販売価格を実現致しました。
LED素子のパイオニアである日亜化学鰍フ高輝度LED素子を使用により、最高で160lm/Wの今までにない超高輝度を実現しつつ、電源コンデンサにはルビコン梶AICにはFL5854とLED蛍光灯の核となる物を全て日本製とする事により、信頼性を高めています。
12.5Wで2,000ルーメン(160lm/W)580ルクス(1メーター直下)を十分な明るさを有しつつも、210gの軽量・フリッカーレスで目にも優しく、医療機関等でも使用可能なCISPR15準拠となっております。


現在、エスコでは、医療現場から小売流通、商業施設に至るまでの数多くの導入実績を築いていますが、お客様の一番の要望として多かった低価格で超省エネ型直管形LED蛍光灯の製造に着手し、製品化に成功いたしました。
既に、販売店を通じてお問合せが多く年間を通じて五千本の納入も決まっております。
2020年には、「水銀に関する水俣条約」により、従来の水銀灯や蛍光灯の製造輸入の禁止となる背景があり価格面とより省エネを意識しつつ安全性を重視した超省エネ型の「直管形LED蛍光灯」をエスコは、直販と全国の20社の販売店を通じて2017年度に1万本の売上を目指します。

 

PRESS RELEASE1.jpg

 

▲このページのトップに戻る